金持ちはテレビを見ない

今回は金持ちほどテレビを見ないという現状と、その理由について明確にします。

金持ちはテレビを見ない

金持ちになればなるほどテレビ見ない、こんなデータがあるのをご存知でしょうか。

リサーチパネルが、収入別に「毎週見ている番組があるか」というアンケート調査を行った結果、年収200万円未満の人が75.2%と最も多く、収入が2500万円-3000万円未満が50%と最も低く、それ以上が68.5%と、高額所得者になればなるほどテレビを見ないという結果が出ました。

また、著書「Rich Habits」によると、お金持ちの67%は毎日1時間以内しかテレビを見ないそうです。特にリアリティー番組を見る人はその中でも6%しかいない事に対し、貧乏な人々の78%はリアリティー番組を見ているそうです。

なぜ金持ちはテレビを見ないのでしょうか。それは、テレビを見ても収入は増えないということを理解しているからです。金持ちの多くは一日中仕事やお金の事を考えています。一日24時間しかない中で、1時間もテレビを見てしまうことは、紛れも無く時間の浪費なのです。そして、その1時間分を勉強や仕事に使った方が将来的に収益を上げる事ができます。余談ですが、テレビは「貧乏人の娯楽」であると言われています。

金持ちは取捨選択が上手い

世の中には沢山の誘惑があります。外に出れば魅力的な商品で溢れかえっていますし、テレビやゲームなどの娯楽も溢れかえっています。無防備のまま生活していると、あなたの限られたお金や時間はあっという間に奪い去られてしまいます。

何かを得るためには何かを捨てなければなりません。あれもこれもと手を出していては、何も達成することはできないでしょう。

金持ちになりたければ、本当に必要で収入に直結する物だけを拾い、それ以外のものは捨てなければなりません。金持ちほどその取捨選択が上手く、収入に直結しない無駄な物はとことん排除していきます。金持ちはこうして時間とお金をフルに仕事につぎ込み、富を蓄え、金持ちになれたのです。

金持ちはテレビをみない現状と理由まとめ

「金持ち程テレビを見ない」、その理由はテレビが収入に直結しないからです。金持ち程、収入に直結するものとそうでない物をきちんと分け、収入に直結しないものは排除することができます。こうして時間とお金を仕事に集中させ、富を増やした結果、金持ちになれたのです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク