フロー型ビジネスとストック型ビジネスについて

今回は、2パターンのビジネスのタイプについて明記します。実はビジネスには、フロー型とストック型があります。

フロー型ビジネスとストック型ビジネス

ビジネスには、フロー型の収益をメインとするビジネスと、ストック型の収益をメインとするビジネスがあります。両者の区別をしっかり付けておきましょう。

1. フロー型ビジネス

フロー型ビジネスは、単発でその都度仕事を請け負う形のビジネスです。飲食店や美容室、ゼネコンなど、常にお客を取ってきて、手を動かしていないと収益に結びつきません。人気が出れば爆発的に売り上げが増えるというメリットがある反面、仕事がなければ全く売れなくなるので、売り上げの増減が激しくなります。

雇用されている場合もフロー型ビジネスといえます。自分が働けば働くほど稼げますが、自分が病気になったり、仕事をリストラされてしまうと収入がストップしてしまいます。

フロー型ビジネスは、仕事を取ってこれるかどうかが鍵となるため、景気動向や季節変動に左右されやすく、「明日も食べていけるだろうか」と常に不安がよぎることが多いです。

2. ストック型ビジネス

ストック型ビジネスは、電気料金、携帯電話、サーバー代など、仕組みを作って、契約者を増やしていけばいくほどお金が入ってくる形のビジネスです。

フロー型ビジネスとは違い、仕組みさえ作ってしまえば何もしなくても収入が蓄積されるため、非常に安定感があります。

財政基盤を強くするのであれば、間違いなくストック型のビジネスの方が向いています。

フロー型とストック型ビジネスを投資に当てはめると

フロー型ビジネスとストック型ビジネスを投資に当てはめるとすれば、フロー型はキャピタルゲイン狙いの投資、ストック型はインカムゲイン狙いの投資と言えます。

基本的にフロー型というのは、物を安く仕入れて高く売る事を目標としていますし、ストック型は、価値のあるものを作って使用料をいただくことを目標としています。

どちらが安定するかといえば、間違いなくストック型です。お客がいつ来るかわからない状態よりも、安定して契約者がお金を払ってくれ、将来の収益予想が立てやすいストック型の方が経営はやりやすいです。

フロー型ビジネスから始めるのは非常に難しい

起業を目指すのであれば、すぐに収入に結びつくフロー型ビジネスから始め、溢れたお金を使って少しずつストック型ビジネスを展開していくのが良いというのが定説です。

しかしながら実際は、フロー型ビジネスというのは明日の仕事を取ってこれるかこれないかで生き残れるかどうかが決まってしまいますので、風が吹けば倒産してしまうような起業初期ではかなりの賭けになります。

それに比べて、最初からストック型ビジネスを展開していくというのは、最初は利益が少ししか乗らないかもしれませんが、非常に安定するため、最終的に生き残れる確率が高いです。

今は副業の時代です。いきなり仕事をやめてフロー型ビジネスで独立しようとせずに、今の仕事を続けつつもコツコツとストック型ビジネスを展開していく方が遥かに起業の成功確率が高まります。

ビジネスも結局は投資と同じような原則が働きます。フロー型ビジネスでずっと生き残るのは非常に難しく、いずれはストック型の収入の基板を確立していく事が、長く生き残る上では重要になります。

ストック型ビジネスの例

有名で誰もがとっかかりやすいのは、アフィリエイトとネットワークビジネス(MLM)です。

アフィリエイトは、サイトを構築し、更新をしなくても検索エンジンから安定的なアクセスがあるなら広告収入として安定した収入になります。ある程度のITの専門知識があるなら挑戦してみましょう。そしてネットワークビジネスも、ある程度の会員数が構築できれば安定収入になります。

私はアフィリエイトもネットワークビジネスもやっており、特におすすめするのはネットワークビジネスです。ネットワークビジネスは、普通にやると難しいですが、ADSというものを使うと圧倒的な楽さでダウンを構築できます。

詳しくはネットワークビジネスについてをご覧ください。

フロー型ビジネスとストック型ビジネスまとめ

ビジネスにはフロー型ビジネスとストック型ビジネスがあります。フロー型ビジネスは利益に直結しやすく、スタートとしては適しているように見えますが、経営基盤の安定化が難しく、先行きの見えない経営状態に常に頭を抱えることになります。その分ストック型ビジネスは、初期投資こそかかりますが、収入が安定しやすいのが特徴です。

投資に例えると、フロー型ビジネスはキャピタルゲイン狙いの投資、ストック型ビジネスはインカムゲイン狙いの投資と言えます。起業の成功確率を上げたいのであれば、ストック型ビジネスを軸として展開していくのが良いとされます。

ストック型ビジネスの例としては、アフィリエイトやネットワークビジネス(MLM)が挙げられます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク