金持ちの外見

金持ちの特徴では、金持ち外見に見栄を張らないという事をお伝えしました。本当の金持ちは庶民と同じような外見をしていますが、職業によっては高価な物を身にまとった服装をしなければいけないものもあります。ここではもう少し詳しく説明していきます。

金持ちは質素な外見をしている事が多いが…

ビジネスオーナーや資産家などの本当の金持ちは、一見庶民と見分けがつかない程質素な外見をしている事が多いです。夢のない話かもしれませんがこれは本当で、普段から安い服を着こなしているのはザラです。服装の水準を上げると、つり合わせるために余計な支出がかかってしまうのを心得ているからです。金持ちは支出を徹底的に押さえてきたから金持ちになれたということを忘れてはいけません。

更に、お金を持っていると周りに知られると変な人が寄ってくるので、そういうのはあまり好みません。

服装に気をつけないといけない職業もある

しかしながら、高給取りな職業の中には、服装に気をつけないといけないものもあります。例えば医者や弁護士、営業マン、公認会計士、社長などです。このような専門職は、綺麗な服装をしないと商談が上手くいかないことがよくあります。このような人達が服装にお金をかけるのはいわば必要経費なのです。

メディアに出てくるような金持ちはこちらのタイプが多いのですが、実は服装にかける支出が多くなってしまう分、資産形成には不利に働いてしまいます。服装に気を遣わなくても仕事ができる人の方が資産形成しやすいことは一目瞭然です。

儲かってそうな(豊かそうな)イメージを与える重要さ

医者や弁護士、社長、営業マンなどの専門職は、「儲かっている」「豊かである」事を外見でアピールすることで、お客にとっての信用を与えることになります。これはかなり重要なテクニックです。

例えば、裕福そうな人が「あなたを豊かにしますよ」と言えば親切ですが、ボロボロの服装の人が「あなたを豊かにしますよ」と言えば詐欺師なんじゃないかと疑われます。

別の例を挙げれば、裕福そうな人が「最近は儲かってなくて」と言うと、「謙遜している」というイメージになりますが、ボロボロの服装で「最近は儲かってなくて」と言うと、「服を買うお金も無いなんてこの会社は本当に大丈夫か?」というイメージを与えてしまうのです。

両者の違いは外見だけですが、それが絶大な効果を持っている事は理解しておく必要があります。何かを売り込む際には、服装に気を付けた方が有利に働くことが多いです。

金持ちそうな外見は優遇される事が多々ある

金持ちそうな外見、金持ちそうな振る舞いをすると優遇される事が多々あるということも知っておくべきです。

例えば金持ちと貧乏人が同じ飲食店に来たとします。そうすると、店側としては、多くのお金を落としてくれそうな金持ちに沢山来てもらいたいと考えます。その結果、金持ちに一品サービスをしたり、割引券を配ったりといった努力をします。本来は貧乏人の方が割引券が必要なはずなのに、実際は逆の現象が起きてしまうのです。

お金は金持ちへと流れやすくなります。このことから、豊かそうな外見、豊かそうな振る舞いをするということは得といえば得な事も多いのです。もちろん変な人も寄って来やすいので、一長一短です。

金持ちの外見は千差万別

以上のことから、金持ちの外見は千差万別で、一概に服装だけでは判断できません。

裕福そうに見える外見をしている人は、その分支出が多いのは明確な事実で、実際には資産を持っていないという事もザラにあります。逆に質素な外見だからといって貧乏なのかといえば、それも怪しいところです。

ひとつ確実なのは、外見に気を遣わなくても良い人ほど資産形成には有利だというところです。

金持ちの外見まとめ

金持ちの服装は千差万別で、一概に服装だけでは金持ちかどうかは判断できませんが、外見に気を遣わなくても良い金持ちの方が資産形成には有利に働きます。

医者や弁護士、営業マンなどは、服装が信用に直結するため、服装にお金をかけるのはいわば必要経費です。その恩恵としては、豊かそうな外見や、豊かそうな振る舞い方をすると、周りから良くされる確率が高まり、物事が有利に働くこともあります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク