仕事とビジネスの違い

仕事を持つ事とビジネスを持つ事は違います。今回は両者の違いを明確にしていきたいと思います。

仕事とビジネスの違い

仕事を持つというのは、手に職を持つということです。これは何を意味するかというと、専門技術を高めて、仕事を取ってこれるようにするという意味です。もちろん仕事を取ってきたあとは、自分で働かなければなりません。

それに対してビジネスを持つというのは、自動で利益を組み上げるシステムを持つという事です。自分が働かなくてもビジネスが自分のために働いてくれます。

仕事とビジネスの違いは、自分が組織の歯車の中にいるか、組織の歯車の外にいるかの違いでもあります。例え会社経営者でも、自分が営業や事務作業をしているのでは、ビジネスを所有しているとは言えません。

仕事は自分の時間を拘束する

仕事をするということは、自分の時間を切り売りするということでもあります。仕事をしている間は、他の事は何もできません。貧乏人にとっては、お金を稼ぐ事=自分の時間を使って働くことだと思いがちですが、金持ちは全く違う発想をしています。金持ちは仕事をなるべく人や機械に任せようとします。そうすることで自分の時間を確保でき、さらに収益を生み出す仕組み作りに専念できるからです。

金持ちはビジネスシステムを作り出す人

金持ちがなぜ金持ちになれたかというと、ビジネスシステムを創りだすことができるからです。ビジネスシステムとは、利益を生みだす組織の事です。金持ち本人が働くわけではなく、ビジネスシステムを構築し、人や機械を当てはめていくことでビジネスが自動的に回るようにします。

ビジネスシステムの構築は、雇用を増やす事にも繋がり、失業者を抑える役割も果たします。

金持ちは、自分の会社を3つも4つも所有している事があります。それが可能な理由は、自分がビジネスの歯車の一員ではないからに他なりません。

仕事とビジネスの違いまとめ

仕事とビジネスの違いは自分が働くかシステムが働くかの違いになります。仕事というのは自分の時間を切り売りするため、他にできることが限られてしまいます。しかしビジネスの場合は、ビジネスが自分のために働いてくれるので、他の事ができます。

貧乏人は自らが働こうとし、金持ちは雇用を作り出します。この違いが、金持ちと貧乏人の差を生みます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク