時は金なりを知ろう

金持ちは、時は金なりという言葉を重要視します。

時間は減っていくばかり

生きていれば、お金は増えたり減ったりします。しかし死ぬまでの時間は刻一刻と減り続けています。時間はお金に代えがたい価値があるのです。

金持ちは、たかが100円の割引がされている買うために30分の行列を並んだりしません。その30分は本当にたった100円の価値しかないのでしょうか。

最低賃金が800円だとしても、30分働けば400円の利益なので、並ぶ意味がないのです。同じように、チラシを見て遠くのスーパーに野菜を買いに行くというのも、一見節約をしてそうに見えますが、実は多くの時間を損していることになります。

なるべく自分の時間を使わないでお金を得る事

例え収入が多くても、朝から晩まで仕事ばかりしていては時間を損していると言えます。それが本当に自分のやりたい事でないのであれば尚更です。このような事を続けていると、仕事だけで人生が終わってしまいます。

時間を持った金持ちになりたければ、なるべく働かなくてもお金が入ってくるようなシステム作りに意識を集中させなければなりません。それができるようになれば、将来的に有り余る時間を持った金持ちになれます。

時は金なりです。

時は金なりを知ろうまとめ

金持ちは安いからといって行列に並んだりしませんし、チラシを見て遠くのスーパーにでかけるといった事もしません。その時間働けばより多くのお金を得られる事を知っているからです。お金は増えたり減ったりする一方で、時間は減っていくばかりです。時間を浪費しないようにしましょう。

有り余る時間を持った金持ちになりたければ、自動的に収入が得られるような仕組みを作る事に専念しましょう。これができれば自ずと自由に動ける時間を持ったままお金持ちになれます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク