株式投資について

今回から株式投資に関する説明をしていきます。

株式とは

株式とは、株式会社が資本金を集めるために発行する証券の事です。株式会社の存在意義は、株主から出資を募り、そのお金で事業を展開して利益を上げ、配当金という形で株主に還元するというものです。よって、株式を持っていれば、企業は株主に還元するために一生懸命働いてくれます。

株を持つということは、その企業が行うビジネスに出資して、世の中を豊かにするための価値創造の手助けをするということです。よほど変な会社に投資しない限りは、基本的には株式投資は株主が儲かるようにできています。

株式投資は儲かるのか

株式投資は、経済が上向いている時に買えばほぼ必ず儲かるようにできています。逆に経済が縮小している時に買えば損します。しかし過去の歴史を見ても、経済は右肩上がりに上昇し続けているため、株を長期的に保有していれば、経済の発展と共に自分の資産も増える確率は非常に高まります。過去の歴史から見ると、株式投資をした場合は、だいたいで年率6~7%に収束するようです。長いスパンで見ていけば、株式投資に加わった投資家全員が儲かるようにできています。

株式と社債の違い

株式会社は、出資を募るために社債というものも発行します。株式と社債の大きな違いは、返済義務があるかないかです。

株式の場合は、企業の返済義務はありません。よって、業績が悪ければ配当金を支払う必要はありません。逆に社債の場合は債権なので、必ず支払う必要があります。これは、投資と融資の違いでもあります。

一見社債の方が儲かるような気がしますが、株式を買う方が株価の値上がりを見込める分、最終的な利回りは高くなります。

株を買うためには

証券会社の口座を開く必要があります。有名なところだと、SBI証券や、楽天証券、野村證券など、数々の証券会社があります。おすすめはSBI証券です。口座を持っていない場合は、まず証券口座を開く事から始めましょう。

株式投資についてまとめ

株式とは、株式会社が出資を募るために発行するものです。株式を買うということは、その企業のビジネスに出資するということになります。また、株式を買うと株主になることができます。基本的にビジネスが黒字であれば、株主は儲かります。

株式投資は経済の発展と共に儲かるようにできています。経済は過去の歴史を見ても右肩上がりに上昇しているため、この先も上昇する可能性が高いです。株を保有すれば、年率にするとだいたい6~7%で成長しています。

株式と社債の違いは、返済義務があるかないかです。株式の場合は返済義務がないため、業績が悪い時は配当金を出しません。その分社債は必ず返済しなければなりません。

株式を買うためには、証券口座を開く必要があります。おすすめはSBI証券です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク