株式投資のリスク

株式投資リスクについて明確にしておきます。

株式投資のリスクとは

リスクには以下のようなものがあります。

  1. 価格変動リスク
  2. 流動性リスク
  3. 倒産リスク

1. 価格変動リスク

株式投資は、株価の上下に伴い資産価値が大きく変動します。株価が上がる分には良いですが、株価が大きく下がる事もあります。長期的に見れば経済成長に伴い儲かる確率が高くなりますが、短期的に見れば価格変動リスクが大きく投資を妨害します。株はそもそも短期的に保有するものではありません。

2. 流動性リスク

株は、預金に比べてすぐに現金化することができません。不人気な株だと買い手がいない事が多いため、株をすぐに売ることができるとは限りませんし、売った株は現金化するまで3営業日ほど必要です。

3.倒産リスク

企業は倒産することがあります。保有している会社が倒産すると、持っている株券は紙くずになります。よって、財務状況が悪い企業の株は保有しない方が安全です。

分散投資のすすめ

これらのリスクと上手く付き合うには、分散投資が欠かせません。適度に分散投資された場合、価格変動リスクが個々の銘柄で相殺されますし、もちろん他のリスクも軽減されていきます。株式投資本来のリターンを保ちつつも、リスクを軽減する事が可能なのです。

その分、投資信託はかなり良い商品となり得ます。特にインデックスファンドは手数料が安く、日経225の銘柄等に分散投資してくれるので、それを保有するだけでも株式投資は成功する確率がかなり高くなります。

株式投資のリスクまとめ

株式投資を行う上で、3つのリスクに気をつける必要があります。1つ目は価格変動リスクです。株を保有すれば、株価が上下に大きく変動します。2つ目は流動性リスクです。株を買えば、現金化するのに時間がかかります。そして3つ目は倒産リスクです。企業が倒産してしまっては株券が紙くずになります。

これらのリスクと上手く向き合うには、分散投資をするのが一番です。分散投資に向いているのが、インデックスファンドです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク