投資のスタイル

人によって投資のスタイルが違うので、明確に分けておきます。

投資のスタイル各種

  1. バイアンドホールド
  2. ポジショントレード
  3. スイングトレード
  4. デイトレード
  5. スキャルピング

1. バイアンドホールド

バイアンドホールドは、一度資産を買ったら長期間保有するような投資スタイルです。基本的に「投資」というと、この投資手法を主にしていかなければ、キャッシュフロー(不労所得)を増やす事ができません。一度買ったら良い資産であり続ける限り絶対に売らないのが鉄則です。

2. ポジショントレード

一度資産を買ったら、数週間から場合によっては数年間保有するのがポジショントレードです。値上がりによる利益を追う人が行います。

3. スイングトレード

スイングトレードは、一度資産を買ったら、3日~1週間程度保有するようなトレードスタイルです。

4. デイトレード

デイトレードは、一度保有した資産を、その日のうちに売ってしまうようなトレードスタイルを指します。これを行う人をデイトレーダーと言います。

5. スキャルピング

買った資産を1時間もしないうちに売って、薄利多売で儲けていくのがスキャルピングです。HFT(高頻度取引)などがこの時間軸で戦っていたりします。

手数料の罠

投資を行う上では、手数料というものを考慮しなければなりません。売買を繰り返せば繰り返す程、手数料というものが嵩み、ボディブローのように効いてきます。投資は売買頻度が上がれば上がる程難しくなります。

キャッシュフローを増やすために投資しよう

金持ちになるために投資するのであれば、あくまで資産保有で生まれるキャッシュフローを増やすために投資することに集中しましょう。つまりインカムゲイン狙いです。

しかし資産形成を急ぎたいのであればキャピタルゲイン狙いでの投資も良いと思います。その分勉強は必要ですが、不可能ではありません。

値下がりには気をつけよう

インカムゲインを得ることができる資産を買っても、資産価値が値下がりしてしまっては意味がありません。一番理想的な資産は、将来的に資産価値が上昇するのを見込め、かつインカムゲインを吐き出すものです。

投資のスタイルまとめ

投資には、バイアンドホールドからスキャルピングまで様々なものがありますが、短期売買になればなるほど手数料がかさんでくるため儲けるのが難しくなります。また、短期的な値上がり益を求めて資産を買うのは、投資ではなく投機(トレード)と言います。

投資の基本は資産保有によって生まれるキャッシュフローを増やすために行うものです。インカムゲインを多く得る事を目標に投資していきましょう。

いくらインカムゲインを吐き出すといっても、価値が値下がりし続けては意味がありません。一番理想的なものは、将来的に値上がりが見込め、更にインカムゲインを吐き出すものです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク