投資ポートフォリオを作る

手持ちのお金をどの資産に配分していくかは、投資ポートフォリオを作成する事で明確になります。

投資ポートフォリオとは

投資ポートフォリオとは、投資家が所有している資産の割合を表したものを指します。例えば、100万円の投資資金の中で、株に30%、不動産に50%、債券に20%といった感じです。

もちろん大まかな分野の投資の中にも、更に細分化された分散投資を行う事もできます。例えば株でいうと、アメリカ株式に30%、ヨーロッパ株式に30%、日本株式に40%といったものです。加えて情報通信関連、小売関連、医療関係といったセクターごとにも分散投資できます。

手持ちの資金を正しい比率で分散投資できているかどうかを管理するためには、買った資産を「表」という形で目に見えるように残す必要があり、それが投資ポートフォリオとなります。

投資ポートフォリオを作成しておくことは、正しく分散投資する上で必ず役立ちます。国内、海外、色々な業種に均等に分散投資しておけばおく程、リスクが軽減され、安定した投資リターンを得る事ができるようになります。

最高のポートフォリオの作り方

ではポートフォリオの作成を踏まえて、どのような資産の割合で投資をすれば良いのでしょうか。

実はこの問いには人それぞれの正解があります。投資家の年齢やリスク許容度、投資期間、種銭の金額、時代背景などによって資産の構成比率が変わるからです。

自分にとって最高のポートフォリオを作成するためには、まず投資目標を明確にしておかなければなりません。老後の資金を蓄えたいのか、不労所得を増やしたいのか、最速で1億円貯めたいのか、老後資金を枯らさないように運用して増やしたいのか、などです。

その上で投資期間の設定や、その間に配当金を受け取る必要があるのかどうか、リスクの高い資産をどれくらい持つことができるのか、などが決められます。基本的に投資期間が長ければ長い程リスクを許容できますし、財政基盤が固まっていなければ固まっていない程、キャッシュフローを多くするために配当金を受け取る必要があります。そして今は株高なのか株安なのか、不動産の価値は高いのか安いのかなどでも資産の構成比率は変わります。当然安くなっている資産を多く持っている方が将来的に資産価値が上昇しやすいです。

そうやって最高のポートフォリオというのが作られるのです。

投資ポートフォリオを作るまとめ

投資ポートフォリオを作成することで、所有している資産の比率を見える化することができます。ポートフォリオの内容は、投資目標や財政状況、リスク許容度、時代背景によっても変わってくるので、個人個人によって違うものになります。

最高のポートフォリオを作成するためには、投資によって何を得たいのかを明確にする必要があります。自分に問いかけつつ設定していきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク