テクニカル分析とファンダメンタルズ分析について

ここではよく言われる、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析について説明します。

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析

株式や外貨などの投資(トレード)をした事がある人は、テクニカル分析ファンダメンタルズ分析について知ってる人が多いかと思います。将来の価格を予測する手法は実に様々なものがあり、そのための様々な書籍も出版されています。

テクニカル分析

テクニカル分析は、価格の過去チャートの値動きや傾向を分析することで、これから上がるか下がるかを予測する事です。価格が値上がりしていれば、この先も値上がりする可能性が高いと判断したり、一定ラインまで下落すれば反転する可能性が高いといったものまであります。代表的なものに移動平均線があります。

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析は、世界の動向に注目しつつ価格が上がるか下がるかを予測する事です。経済指標、影響力のある人の発言、戦争や景気などの事情、企業の決算やニュースなどが主な材料となります。

テクニカル分析は役に立たない

実はテクニカル分析に関してはほとんど役に立たないと言われています。例えば移動平均線やボリンジャーバンドなどが代表的なものに挙げられるかと思います。

しかし市場参加者はそれぞれ戦う時間軸が違いますし、そうなると描かれるグラフも違います。

また人それぞれ移動平均線の数値を好きに変える事もできるためそこに優位性を見ることはできません。

役に立つファンダメンタルズ分析

対してファンダメンタルズ分析は非常に役に立ちます。マーケットには今どのようなテーマがあり、テーマが良くなれば値動きがどうなる、悪化すれば値動きがどうなる、といったものです。

これは相場の動きを捉えるために非常に有効な分析です。そのためには材料が価格に与える因果関係を学ばなければなりません。

例えば何らかの要因で世界情勢が悪化すれば(リスクオフ)、円が買われ株価が下がるなどといった情報です。円高になり、世界の株価が下がっていれば今はリスクオフだと把握することができます。

市場の動向はロイターやブルームバーグ、ウォールストリートジャーナルなどを読むと良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク