起業について

起業はとても幅広い知識が必要で、多くの人の協力が必要不可欠です。しかし、成功すれば得られるリターンは想像以上となります。

起業とは

起業といっても色々ありますが、ここでは、新しくビジネスシステムを作る事を言います。ここでいうビジネスシステムとは、自分が働かずとも利益を組み上げてくれるシステムです。

仕事とビジネスの違いでも触れましたが、仕事を持つ事とビジネスを持つ事は違います。

例えば自分が営業畑出身で、仕事を取ってきて、下の従業員に作業をしてもらうといった起業の方法もあります。しかしそれは仕事を増やしただけでビジネスを所有したとはいえません。金持ちになるためには、ビジネスを所有するという事が大事です。経営者は仕組みを作るだけで、歯車の一員になってはいけません。

まず仕組みを作り、人を当てはめる

起業を志す場合は、まずビジネスの仕組み作りから始める必要があります。ほとんどの場合は新たに労働者を雇う必要がありますし、労働者を雇うために、法律の力も必要です。日々の売上をまとめるために経理も必要ですし、システムが上手く機能しているかどうかの監査役も必要かもしれません。

これらは幅広い知識が必要です。

専門家を囲う

ビジネスについては本当に幅広い知識が必要で、それを全部一人でやろうとすると勉強だけで一生を費やすはめになります(もちろん何事も勉強は必要ですが)。絶対に一人ですべてやろうとしてはいけません。専門家を頼りましょう。

社労士、税理士はもちろん、やろうとしている業種のエキスパートなども見つけ出す必要があります。経営コンサルタントを入れれば経営についての助言も貰えます。

ビジネスシステム構築にはお金が必要

ビジネスシステム構築には専門家の助言が必要不可欠ですし、そのためのお金が必要です。これだけは絶対に出し惜しみしてはいけません。ビジネスシステムや契約書に穴があれば万が一の時に簡単に崩れますし、大事なお金が一瞬で吹っ飛びます。土台ありきのビジネスシステムです。

起業についてまとめ

ここで言う起業とは、新たにビジネスシステムを作り上げる事を指します。ビジネスシステムとは、自分が働かなくとも利益を組み上げてくれる仕組みの事です。

ビジネスシステム構築には、専門家のアドバイスが必要不可欠です。そこにお金を出し惜しみしてはいけません。万が一システムや契約書に欠陥があった場合には、その穴を突かれて大事なお金が一瞬で吹っ飛ぶ羽目になります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク