自分のビジネスを所有しよう

同じ労働でも、自分を豊かにするための労働なのか、他人を豊かにするための労働なのかで将来的にリターンが大きく変わります。会社を持つ事で節税にもなります。自分のビジネスを所有するということは、金持ちに近づくということなのです。

会社に務めるということ

会社に務めて働くということは、その会社を作ったオーナーの財布を豊かにするために働くのと同じです。あなた自身が会社の歯車になり、その歯車を所有するオーナーはあなたが働いて稼いだお金を黙って享受します。

会社勤めであろうが、働くことでたしかにお金は貰えますが、ビジネスが拡大しようがそれは他人ビジネスなので、言い換えてしまえばあなたは他人のビジネスを拡大させるために働いている事になります。給料の査定は雇う側が有利なので、ビジネスが拡大しようが収入は変わらず、オーナーの懐だけがどんどん豊かになっていく可能性があります。

働いて給料を貰う事しかお金の稼ぎ方を知らない人は、資本主義の本質を正しく理解していないかもしれません。

自分のビジネスを所有するということ

自分ビジネス所有するということは、他人が自分のビジネスを大きくするために働いてくれているということになります。

ビジネスオーナーの報酬としては、他人を雇って働いてもらい、給料を払った残りが自分の取り分となります。つまり社員を低賃金でこき使い、収益を多く上げれば上げる程、その分ビジネスオーナーの取り分が増えます。ここには被雇用者と雇用者の対立が常にありますが、いつの時代も雇用者の方が圧倒的に立場が強く、有利な事が多いです。

この理由により、世の中にはブラック企業や、サービス残業というもので溢れかえってしまっています。これはビジネスオーナーの儲けが出る仕組み上、絶対に避けられない事なのです。

道徳的に見るとビジネスオーナーは人をこき使うようで一見悪いように見えますが、ビジネスオーナーという立場自体が悪いわけではなく、そこには人としてどうあるかだけです。いつの時代も雇われるよりも雇う方が圧倒的に強いし、お金が儲かる可能性が高いのは、資本主義経済下においてはごく当たり前のルールです。

こういう書き方をすると資本主義に対して嫌気をさす人もいるかもしれませんし、ルールを変えたいと思う人もいるかもしれません。しかしながらこのルールを変える事はとてつもなく難しいし、おそらく不可能です。資本主義のルールに乗るかどうかは自由ですが、金持ちになりたいのであればこのルールを使う方が賢明です。

ビジネスオーナーは払う税金も安い

被雇用者の場合は、働いた報酬額から最初に税金が引かれた分が給料として手元に入ります。つまり、報酬額-税金=手元に残るお金です。

それに対してビジネスオーナーは、社員を働かせて得た収入から、経費をすべて差っ引いた残りから税金を払います。つまり、報酬額-諸経費-税金=手元に残るお金です。被雇用者は税金を先に払いますが、ビジネスオーナーは税金を最後に払います。税金を払う前に経費の申告ができますので、自分の持ち物をすべて会社の所有物にすることで合法的に税金を安くすることができます。

例を出します。被雇用者の場合は、税金が引かれた残りのお金が給料として入りますが、貰った給料から仕事で使うために1万円の備品を買ったとしても、かかる税金は同じです。それに対してビジネスオーナーは、同じ額の報酬だったとしても、仕事で使うための1万円の備品は会社の経費として申請することができます。つまり同じ報酬額だとしても、ビジネスオーナーの方は収入が低くなったという扱いになるため、かかる税金も安くなります。

金持ちは自分の個人の所有物として物を買いたがりません。家も車もすべて会社の物にして買います。会社という器を利用することで合法的に節税をすることができ、政府に持っていかれるお金が少なくなるのです。

なぜこのような仕組みになっているかというと、いつの時代も金持ちが法律を作り、金持ちのために法律が作られるからです。金持ちになりたいのであれば金持ちのルールに従うしかありません。

自分のビジネスを所有しようまとめ

雇われて働くということは、他人を豊かにするために働いているのと同じ意味です。これでは会社のオーナーは金持ちになりますが、自分が金持ちになるのは難しいです。いつの時代もビジネスオーナーは圧倒的に強いのです。この資本主義のルールは変える事は難しいし、嫌なら自分でビジネスを所有するしかありません。

また、ビジネスオーナーは合法的に節税をすることもできますので、被雇用者に比べてお金も貯めやすくなります。以上のことからビジネスオーナーは圧倒的に有利になり、金持ちになれる確率がぐんと高まるのです。どんなに小さなビジネスでも構いません。起業しない手はありません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク