金持ちはジャンクフードを食べない

金持ちジャンクフード食べないという話を知っているでしょうか

金持ちはジャンクフードを食べない

著書「Rich Habits」によると、お金持ちの70%は、毎日300カロリー未満しかジャンクフードを食べていないのに対し、貧乏な人々の97%は一日に300カロリー以上もジャンクフードを食べるそうです。

お金持ちも貧乏人も、ジャンクフードが体に悪い事を知っているはずです。そして、お金持ちがいかに普段から健康に気を使っているかがこのデータでわかることでしょう。

体は一番の資本

あなたを全身麻痺にする代わりに1億円あげると言われたらどうしますか?もちろん断るはずです。全身麻痺になってしまっては1億円を使うことすらできなくなります。健康であることは、お金より価値があるのです。

貧乏人はこれを理解していない人が多いです。収入が少なくても絶対に食費をケチってはいけません。健康であれば働くことができますが、病気になってしまっては働けなくなってしまいます。

金持ちになりたければ、普通の人の何倍も努力しなければなりません。努力するためには健康な体が必要不可欠です。土台が疎かだとすぐに崩れます。

金持ちはジャンクフードを食べないまとめ

お金持ちの70%は、毎日300カロリー未満しかジャンクフードを食べていないのに対し、貧乏な人々の97%は一日に300カロリー以上もジャンクフードを食べるというデータがあります。貧乏人ほど体を粗末に扱う事が多く、食費すら削ろうとします。しかし、それだけは絶対にやってはいけません。体は一番の資本であり、健康であることが金持ちになるための一番の土台になります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク