金持ちは本をよく読む

今回は金持ちをよく読むという事について触れます。

金持ちは本をよく読む

著書「rich habbits」によると、金持ちの人々の88%は、一日に少なくても30分以上は自分の教育やキャリアに関連した資料を読むのに対し、貧乏な人々ではわずか2%しかいないそうです。

88%と2%はかなりの差です。日頃から本を読み、知識や情報を付ける習慣が、結果的に富の蓄積に繋がるし、ほとんどのお金持ちはそれを実践しています。

知識がないと金持ちにはなれない

金持ちになるためには、他人より良いサービス、良い商品を提供して、ビジネスの売上を伸ばさないといけませんし、従業員のモチベーションを高めるためのルールや、不正が働けないような法律の使用や監視システムの構築など、幅広い知識を必要とします。更に得た資金を効率よく運用するための知識も必要です。そのためには、日頃から勉強し、他人より賢くなる努力が必要不可欠です。

勉強する人と勉強しない人でどちらが金持ちになれるでしょうか。当然勉強する人です。

本は100円でも買える

本の値段が高いという人もいらっしゃいますが、中古本であれば100円の本もあります。なにも新書にこだわる必要はありませんし、お金を払いたくないのであれば図書館で借りる事もできますし、本屋で立ち読みもできます。とにかく本を読むという習慣を付けていきましょう。それが富の蓄積に直結します。

金持ちは本をよく読むまとめ

金持ちの人々の88%は、一日に少なくても30分以上は自分の教育やキャリアに関連した資料を読むのに対し、貧乏な人々ではわずか2%しかいないそうです。いかに金持ちが本を読み、貧乏人は本を読まないというのがわかるかと思います。

金持ちになるためには、他人より賢くなくてはなりません。よって勉強は必要不可欠です。わざわざ新書を買う必要はありません。中古本であれば安く買えますし、図書館で借りたり、本屋で立ち読みをすることもできます。お金を出せないなら頭を使いましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク