本当の金持ちと偽物の金持ち

ここでは本当の金持ちと偽物の金持ちの違いについて書いていきます。

本当の金持ちと偽物の金持ち

金持ちの特徴でも触れましたが、金持ちには倹約家が多いことは事実です。しかしながら、メディアにしばし出てくるような、高級車に乗り回し、派手にお金を使う金持ちもいます。ここでは、本当の金持ちと、偽物の金持ちの違いを明確に分けていきます。

偽物の金持ちについて

偽物の金持ちは、医者などの、勤労による収入が多い層に多いです(※当然ながらすべての医者がそうではありません)。彼らは普段から忙しく、常に仕事に追われています。そして、余暇の時間になると日頃のストレスを晴らすかのように散財します。

彼らは良い職に就いている事が多く、確かに収入は多いのですが、その分支出も多いため、貯金をあまりしていない事が多いです。見栄っ張りで、高級な物を身につけて自分たちが裕福だということを周りに知らせたいようなタイプが多いです。自分の仕事については知っている事が多いですが、お金や経済、税金や資産運用については無知な事が多いです。

本当の金持ちについて

本当に金持ちは、勤労による収入というよりは、所有している資産による収入が多い層に多いです。日頃からお金に対して勉強しており、その使い方や守り方を心得ております。

まず第一に、本当のお金持ちの大半は収入よりはるかに低い支出で生活しています。服も車も財布も、一般人が身に付けるようなものばかりです。家もなるべく小さな家に住んでいる事が多いです。周りに金持ちアピールをしても反感を買うだけですし、世間体を取り繕うよりもお金の心配をしないでいる方がよほど大事だと思っています。言い換えれば資産をちゃんと守ってきた証拠です。だからこそお金持ちの仲間入りを果たせました。

代々伝わる名家ともなると、立派な家に住んでおり、身なりも綺麗に整えているところも中にはいます。大企業の創業者一族などはこのようなタイプが多いです。ただしそれを遥かに上回る収入が、働かなくても入ってきます。収入より遥かに低い支出で生活しているということには変わりありません。

本当の金持ちと偽物の金持ちまとめ

偽物の金持ちは医者などの主に勤労による収入が多いような層です。このような層は見栄っ張りで支出も多く、お金に苦しんでいる事が多いです。言い換えれば単に収入が多い貧乏人と言えます。

本当のお金持ちは、お金に関する知識を正しく身につけており、質素な暮らしをしつつコツコツと資産形成をしてきました。そして本当のお金持ちは働かなくても莫大な収入があります。これが偽物の金持ちと本当の金持ちの違いです。お金持ちかどうかは単に収入が多いかどうかだけでは計ることはできず、お金に対する知識やお金の働かせ方を知り尽くしているかによって明確に区別できます。当サイトの読者は、是非本当の金持ちを目指してください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク