単利と複利の違い

お金持ちになるためには、単利複利違いについて正しく理解し、複利を有効に使わなければなりません。

単利と複利の違い

利子には単利と複利があります。

まず単利について説明します。例えば100万円を投資したとして、毎年5万円(5%)受け取れるとします。単利の場合は、5年後も10年後も同じ5万円を受け取ることができます。投資期間が長くても、受け取れる利子は同じです。

しかし例えば100万円を投資したとして、一年目は同じく5万円(5%)受け取れるとしますが、そのお金が再投資された場合はどうでしょうか。二年目には元本が105万円になり、その5%が付くので受け取れる額は5万2500円になり、1年目よりも増えます。更にそのお金が再投資されると元本が110万2500円になり、3年目に受け取れる利子は5万5125円となります。これが複利の力です。
収益の上昇幅をまとめると、

  • 一年目: 50000円
  • ニ年目: 52500円(一年目より2500円アップ)
  • 三年目: 55125円(一年目より5125円アップ、二年目より2625円アップ)

となります。単利の方は棒線のように定額のお金が増えていきますが、複利の方は二次関数的にお金が増えていくことになり、長い時間をかけると驚異的な収益の差を生みます。

単利と複利の違いは、単純に得られる利子を再投資するかどうかの違いとも言えます。

複利の力を使うと驚異的な差が開く

得られる利子を再投資する事で、複利の恩恵を受ける事ができます。単利として得た利子は使うべきか、我慢して再投資し、複利の力を使うべきか、ここで2人の人生のシミュレーションをしてみましょう。

A氏とB氏は100万円の余剰金を作り、そのお金を投資し、翌年に配当金として5万円を受け取りました。

A氏はその5万円を使いました。なにせ投資によりいつも働く年収よりも5万円の余剰金ができたのです。そのお金でパーッと旅行に行き、とても満足しました。

B氏は様々な誘惑よりも蓄財を優先し、その5万円を再投資することに決めました。B氏は5万円を使って新たに株を買いました。

2年目は、A氏の資産は同じ100万円、B氏の資産は合計105万円になっています。これを20年間繰り返しました。結果はというと…

単利を使ったA氏の資産は変わらず100万円のまま、一方複利を使ったB氏の資産は252万6950円にもなりました。その差は152万6950円で、約2.5倍にもなりました。20年後の今も、A氏は投資により毎年得られる金額は5万円のままですが、B氏は12万0330円にもなっています。同じ年数を過ごしただけなのに驚異的な差を生んでいます。

単利は単利ですが、もしA氏が5万円を使わずに貯金していた場合はどうでしょうか?その場合は20年後には195万円になっています。しかし、複利を使ったB氏と比較すると、57万6950円もの差が開いています。

今我慢して再投資することが、将来的に大きな差を生む事をよく理解しましょう。

投資は掛け算

20年でたった195万円の差かと思う読者もいるかもしれません。しかし、仮に投資額が10倍の1000万円だったらどうでしょうか?

両者の開きは1950万円になっています。もし投資額が1億円だったら、両者の開きは1億9500万円にもなります。お金は数字であり、投資は掛け算です。元本が大きければ大きいほど将来的に差が開きます。金持ちがますます金持ちになる理由はそこにあるといっても過言ではありません。

投資初期の選択が命運を分ける

投資を始めた段階のうちは、投資から得られる恩恵はたかが知れています。金利5%では、100万円を投資しても1年で5万円にしかなりません。1ヶ月あたりたった4166円の収入を得るために、コツコツ貯めた100万円を手元から無くすという事なのです。

しかし、それでも将来的なリターンを信じて投資を続けた人には、大きな見返りが待っています。仮に毎年100万円ずつ投資に回し、得られる利子もすべて再投資した場合は、複利の恩恵をもろに受けますので、30年後には6643万8847円になっており、毎年生み出される所得は311万6135円にもなっています。単純に年収に対して300万円以上も上乗せされていますし、月々にすると約26万円の不労所得を生んでいる計算になります。しかも複利の力で毎年更に不労所得が増え続けていきます。

投資初期の段階では労働収入の方が圧倒的に多い事でしょうが、それでも投資を続けるかどうかで、将来的なリターンが大幅に変わるのです。掛け算の力を信じて投資を続けましょう。そして複利の力を信じて再投資しましょう。今我慢した結果、将来的に爆発的なリターンを生みます。

単利と複利の違いまとめ

利子には単利と複利があり、投資で得た利子をそのまま再投資すると複利、再投資しければ単利になります。

単利と複利でそれぞれ運用した場合、時間が立てば大きな開きになります。複利の恩恵は最初小さいですが、それでも我慢して利子を再投資しなければなりません。投資初期の我慢が後の差を生みます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク