リバランスについて

目標を元に作成された投資ポートフォリオと実際の資産の比率は、時間が経つにつれずれが生じてくるので、定期的にリバランスを行う必要があります。

リバランスとは

作られた投資ポートフォリオを基に投資しても、資産価値の上下により資産の構成比率にずれが生じてきます。

例えば正しく分散投資させるためにポートフォリオでは国内株式を50%、外国株式に50%と定めていたのに、国内株式が軒並み上昇し、外国株式が軒並み下落し、構成比率が70:30になってしまった、といった感じです。

そこで利益が出た国内株式を売り、損した外国株式を買い増す事で、資産の構成比率をポートフォリオ通りの50:50に戻す行為を、リバランスと言います。

定期的なリバランスは、ポートフォリオ作成時に定めた投資目標に沿って正しく運用するためには必要になります。

リバランスのデメリット

リバランスは正しく分散投資するためには重要ですが、実行する度に手数料が発生するというデメリットが生じます。

この手数料がかさむと、投資によって本来得られるはずのリターンが減ってしまいます。売買の回数は少なければ少ない方が良く、資産は一度保有したら絶対に売らないというのは基本の鉄則です。

とはいっても、すべての資産を売らない方が良いのかといえばそういうわけではありません。例えば投資時よりも資産価値が上昇しているものは、売る事でキャピタルゲインを得られるので売っても構わないでしょう。購入時よりも資産価値が上昇したものを売って、下落したものを買い増すという行為は、投資行動としては正しい選択になります。こういう形でのリバランスは良い結果をもたらしやすいです。

しかし、先ほどの投資ポートフォリオの例でいう国内株式50:外国株式50という比率を基に投資をしているとして、国内株式だけ下落し、30:70の割合になってしまった場合はどうでしょうか。

この場合は、利益をもたらしていない外国株式を売って国内株式を購入するというリバランス行為はあまりしない方が賢明です。手数料だけ払っているので、結果損に繋がるからです。投資の基本行動は、安く売って高く売り抜けるという事なので、高くなっていないうちに売ってしまうのは投資の意味がありません。

とはいいつつも、この場合はせっかくバーゲンセール状態の国内株式を物色するチャンスではあります。現金として残しているお金を使って新たに投資したり、仕事をしているのであれば給料から投資に回すという形でリバランスを行うと良いでしょう。

リバランスのタイミング

リバランスのタイミングや頻度は非常に難しいです。リバランスの頻度を多くしてしまえばそれだけ手数料がかさむ事になりますし、逆にリバランスの頻度が少なすぎると手数料は少なく済みますが資産の構成比率のずれが大きくなりすぎて、目標通りのリターンを得られない可能性もあります。

また、先ほどの例でいう値上がりしていないのにリバランスを行うという行為はあまりよろしくはないので、そのあたりの見極めも重要です。

リバランスは大事な要素ではありますが、よく考えて実行しましょう。

リバランスについてまとめ

作成された投資ポートフォリオを基に投資しても、時間が経つにつれ資産比率がずれてきます。そこで定期的に比率をポートフォリオ通りに戻すリバランスというものを実行する必要があります。

リバランスを行う事で資産の比率が整いますが、売買によって生じる手数料がかさむというデメリットも生じることになります。よって、リバランスのタイミングや頻度はよく考えて実行する必要があります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク