IR情報を確認する

株式投資の判断には、IR情報を大いに活用すると良いでしょう。

IRとは

IRとは、インベスター・リレーションズの略です。全米IR協会(NIRI)は、IRを次のように定義しています。

インベスター・リレーションズ(IR)は、企業の証券が公正な価値評価を受けることを最終目標とするものであり、企業と金融コミュニティやその他のステークホルダーとの間に最も効果的な双方的コミュニケーションを実現するため、財務活動やコミュニケーション、マーケティング、そして証券関係法の下でのコンプライアンス活動を統合した、戦略的な経営責務である。

IRを簡単に説明すると、企業が投資家向けに、経営状況、財務状況、業績動向、リスクなどの投資判断に必要な情報を開示していく活動の事です。また、企業の使命や経営方針などを投資家に理解してもらうのもIRのねらいの一つです。公正な情報開示により、企業の信頼性や価値を高め、投資を増やす事ができます。

逆に投資判断においては、まずIR情報を読むことは企業を理解する上でも必要になります。

IR情報は、大抵は上場企業のwebサイトに飛べば見る事ができます。

財務諸表を読むということ

IR情報の中には財務諸表も含まれています。財務諸表を読めば、企業がどういった経済活動を行っているのかを数字で理解する事ができます。有価証券報告書や、決算短信といった形でまとめられています。

財務諸表を読む事は、投資をする上では欠かせない材料になります。医療でいうカルテと同じです。特に企業の買収を仕掛けて経営に携わる事ができる場合は、財務諸表は必ず読み、どこに問題点や改善点があるのか、伸ばすべき方向性などを明確にした上で投資をしなければなりません。

資本の少ない個人投資家の場合は、財務諸表を読んで改善点を見つけようが、それを外部からコントロールすることができません。そういった意味で、コントロールできない投資ということになり、経営権を握る大規模な集中投資に比べて非常に不利になります。とはいっても、安定したビジネスモデルなのか、30年後も通用し、収益を上げる事ができるビジネスモデルなのかなどを計る上での判断材料になりますので、必ずIR情報や財務諸表は読む事をおすすめします。

IR情報を確認するまとめ

IR情報を読む事で、投資判断に役立てる事ができます。IR情報には、その企業の経営方針や財務状況、リスクなどが開示されています。IR情報は、上場企業であればその企業のwebサイトに飛べば確認することができます。

IR情報を見ると、企業の財務諸表も確認することができます。財務諸表は、有価証券報告書や、決算短信を見れば確認することができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク