為替チャートの見方について

FX取引に用いられる為替チャート見方は、慣れるまでちょっと難しいため説明します。

為替は通貨の交換レートであるため、ある通貨が買われたらある通貨が売られなければなりません。

チャートの見方について

試しにドル円のチャートを見てみましょう。

usdjpy

ドル円チャートにおいては、価格が上に上がれば上がるほど円安ドル高(円が売られ、ドルが買われる)になり、価格が下に下がれば下がるほど円高ドル高(ドルが売られ、円が買われる)になります。つまり近年においては、円安ドル高に進んでいるという事がわかります。

チャートが上がればどちらの通貨が買われているかどうかは、チャートに表示されている通貨の順番(USD/JPY、AUD/USDなど)が関係しています。先に表記されている通貨が買われれば上がり、後の通貨が買われれば下がります。例えばドル円(USD/JPY)の順番は、USD(ドル)が先に来てるため、ドルが買われればチャートが上昇し、円が買われればチャートが下落します。

言い換えると、最初に表示されている通貨(USD/JPYの場合USD)が買われれば上昇、売られれば下落します。この覚え方は単純でわかりやすいですが、外貨取引は通貨の交換であるため、片方が売られれば必ず片方が買われているということは頭に入れておきましょう。

先に来る通貨

メジャー通貨でいうと、先に表記される通貨は決まっております。

  • ユーロ (EUR)
  • 英・ポンド (GBP)
  • 豪・ドル (AUD)
  • NZ・ドル (NZD)
  • 米・ドル (USD)
  • カナダドル (CAD)
  • スイス・フラン (CHF)
  • 日本円 (JPY)

上の通貨程、チャートでは必ず先に表示されます。例えば豪ドル/カナダドルの場合は、AUD/CADとなりますし、英・ポンドと米・ドルの場合はGBP/USDとなります。円はメジャー通貨の中では一番最後なので、必ずチャートの後ろ側に表記されます。つまりチャートが上がれば円が売られ、下がれば円が買われている状態です。

為替チャートの見方についてまとめ

為替チャートは、先に表記されている通貨が買われれば上昇、後に表記されている通貨が買われれば下落という形で形成されます。

先に表記される通貨などは順番があり、円は一番最後となります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク