ドルストレートとクロスレートについて

今回はドルストレートクロスレートについて説明します。

ドルストレートとクロスレートについて

ドルストレートは、取引通貨の片方が米・ドルのものを言います。USD/JPY、GBP/USD、EUR/USDなどがこれにあたります。

対して、例えばユーロ/円を取引する場合は、ユーロと円同士を直接取引するわけではなく、ユーロをドルに換え、ドルを円に換える(もしくは逆)という2つの作業を同時に行う事になります。これは基軸通貨についてでも説明した通り、米・ドルは為替媒介通貨の役割を果たしていることが要因です。

この場合のユーロ/円のチャートというのは、直接二カ国間で導かれているものではなく、ユーロ/ドルと、ドル/円の2つのチャートを掛けあわせた物になります。これをクロスレートと言います。クロスレートの中でも、円に絡んだものは、クロス円と呼ばれます。EUR/JPY、GBP/JPYなどの通貨がクロス円です。

クロスレートは米ドルの影響を受ける

例えばユーロ/円(クロス円)の取引をしている場合は、単純にユーロと円の間での通貨取引がレートに関わるのではなく、ユーロ/ドルと、ドル/円の2つのドルストレートペアの影響も受けます。つまり円相場に関係なく単純にユーロが売られドルが買われている場合、ユーロ/円のチャートも下がる事になります(ユーロが売られ円が買われている状態に見える)。

このため、単に一つのドルストレートやクロスレートを見ただけでは、今現在どの通貨とどの通貨が交換されているのかがわかりにくいという事がよくあります。FX取引というのは外貨の交換であるため、ある通貨が買われていれば、ある通貨が必ず売られています。それぞれの通貨が取引されれば、それに伴うドルストレートやクロスレートも影響を受けます。

リーマンショック時の通貨間の動き

余談ですが、リーマンショック時は、為替相場は円高に大きく動きました。それは周知の事実ですが、対してどの通貨が売られたかはあまり知られていません。実はリーマンショックの初動のほとんどは、豪ドルが売られ、円が買われた事が原因です。それに追従する形で、ポンドが売られていきました。

チャート的には、豪ドル/円のチャートが一番動いた事になります。つまり豪ドルクロスにおいてはすべてにおいて豪ドルが売られている状態になり、クロス円は円買い状態になりました。

単一通貨で見た際には、米・ドルに関しては売られたどころか買われました。つまりドル買い円買いの両方が起こっていた事になりますが、円の買われ方の方が優っていたため、ドル/円チャートにおいては下落したのです。

このあたりの複雑さが、為替チャートの見方が難しいと言われている所以です。

ドルストレートとクロスレートについてまとめ

ドルストレートは、取引通貨の片方が米・ドルの通貨ペアを言います。そしてクロスレートは片方がドル以外の通貨ペアです。

クロスレートの交換には、間に必ずドルが挟まれます。よって、ドルの影響を受けます。

リーマンショックの時は、豪ドルと日本円の交換が行われましたが、それに伴い他の通貨ペアも影響を受けました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク