ロングポジションとショートポジションについて

FX取引には、ロングポジションショートポジションがあります。

ロングポジションとショートポジションについて

FXで実際に売買する際には、ロングポジションかショートポジションのどちらかを取る必要があります。

usdjpy

図は米・ドル/円チャートです。この中でロングポジションを取るということは、価格が上昇したら含み益が増え、下落したら含み損が増える事になり、ショートポジションを取るということは、価格が下落した時に含み益が増え、上昇した時に含み損が増える事になります。つまりロングポジションとショートポジションは真逆と言えます。

本当の事を言うと、ドル/円チャートでいうと、ロングポジションを取るということは、ドルを買い、円を売っているという事と同じで、ショートポジションを取るということは、円を買い、ドルを売っているという事と同じです。単純に上がるか下がるかではなく、FXの場合は2つの通貨の交換であるということをよく認識しておきましょう。

追加として、ポジションを取る事をポジションテイク、何もポジションを取っていない事をノーポジションと言います。

ロングポジションとショートポジションについてまとめ

FXで取引するには、ロングポジションかショートポジションのどちらかを取る必要があります。

チャートで言うと、ロングポジションを取ればチャートの価格が上昇すれば利益、ショートポジションを取ればチャートの価格が下落すれば利益になります。ただし本当の事を言えばFXは通貨ペアの交換であるため、単純にチャートが上がるか下がるかではなく、どちらの通貨を売ってどちらの通貨を買っているかだという事はよく覚えておきましょう。

追加として、ポジションを取る事をポジションテイク、何もポジションを取っていない事をノーポジションと言います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク