最小lot数について

FXでは、各業者によって取引できる最小lot数が違います。

最小lot数とは

最小lot(ロット)数とは、FX取引を行うときに最低限必要となる売買単位のことを意味します。別名「通貨単位」とも言います。1lot=10万通貨単位です。

FXの場合は、最小の取引で0.1lot単位(1万通貨単位)が主流でしたが、最近は最小で0.01lot単位(1000通貨単位)で取引ができるFX業者も増えてきました。

なぜ1lotではなく0.1lotが主流なのかというと、元々インターバンクに流す際の基本単位が1lot単位(10万通貨単位)だったからです。しかし個人が10万通貨単位で取引するとなると莫大な元手が必要なので、1万通貨単位が主流になっておりました。

日本国内のFX業者などは、1lot=1万通貨としているところもあるので注意が必要です。基本的には1lot=10万通貨です。

例えば米ドル/円を100円時に購入して101円で決済したとします。この場合、0.1lot(1万通貨)では1万円の利益、0.01lot(1000通貨)だと1000円の利益になります。ちなみに1lot(10万通貨)だと10万円の利益です。

FX業者選びは慎重に

FX業者により、取引できる最小lot単位が違うため、種銭の大きさによって、fx業者を変えた方が良いです。

最小が0.01lot単位(1000通貨単位)で取引できる業者を選ぶ方が、少ない資金で取引できるため、種銭が少ない場合はそちらの方が小回りが利きます。種銭がある程度多い場合は0.1lot単位(1万通貨単位)で取引できる業者で構いません。だいたい種銭が1000万円くらいあれば0.1lot単位(1万通貨単位)でも問題ないかと思います。

当然の事ながら、これらは最小取引単位なので、0.01lot単位で取引できる業者でも、取引量を多くすることで0.1lotの取引、1lotの取引は可能です。よって、種銭が多かろうが最小で0.01lot単位(1000通貨単位)で取引できる業者を開設して間違いはありません。

最小lot数についてまとめ

FXにおいては、基本的には1lot=10万通貨となっております。取引できる最小lot数は、各FX業者によって異なりますが、主流は最小で0.1lot単位(1万通貨単位)での取引でした。近年では、最小で0.01lot単位(1000通貨単位)での取引ができるFX業者が増えてきました。

FX業者を選ぶ際には、最小で0.01lot単位(1000通貨単位)で取引できる業者を選ぶ方が、少ない資金で取引できるため、種銭が少ない場合はそちらの方が小回りが利きます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク