レバレッジについて

今回はFXにおけるレバレッジについて解説します。

レバレッジとは

レバレッジとは、今手元にあるお金(証拠金)を担保に、その何倍ものお金を動かすことができる仕組みです。テコの原理のお金版です。

今のFXのレバレッジは、最大で25倍、すなわち100万円の元手で2500万円分のお金を動かすことができます。これにより、投資家は利益も損失も生みやすくなります。

レバレッジは諸刃の剣

レバレッジを多くかけるということは、リスクもリターンも大きくなるということです。昔はレバレッジ400倍といったFX業者がありましたが、仮に400倍のレバレッジで取引した場合、プラス方向に動けば良いですが、マイナス方向に動くと資金が一瞬で吹っ飛ぶ事になります。これは投資というよりギャンブルです。今は法規制され、最大で25倍となりました。

400倍→25倍となり、昔に比べるとだいぶ少なくなったとはいえ、MAXまでかけるレバレッジは非常にリスクが高くなります。欲に溺れてリスク管理ができない投資家はすぐに破産してしまうため、十分に気をつけましょう。

勝者はレバレッジをかけない

FXで勝ち続けるためには、大前提として破産しない事が何よりも大事になってきます。高すぎるレバレッジをかけて取引し、急な価格変動により破産してしまっては元も子もありません。

FXはレバレッジ1倍でポジションを持った場合は絶対に破産しませんので、1倍に限りなく近くして取引をすればする程、FXは安全になります。ポジションを長期で持ち、安定したスワップポイントを狙う健全な投資家は、歴史的な価格変動にも耐えられるように、レバレッジを少なくとも2倍以内に抑えて取引しています。

手っ取り早く金持ちになりたい一心でレバレッジを沢山かけると、その分破産リスクも上昇します。最初は好調に資金が増えても、いつか必ず破産することでしょう。そういう人はいつまで経っても資産を蓄える事ができず、金持ちになれません。うさぎと亀の物語がありますが、最後に勝つのは亀だということを覚えておきましょう。

レバレッジについてまとめ

レバレッジとは、今手元にあるお金(証拠金)を担保に、その何倍ものお金を動かすことができる仕組みです。今のFXのレバレッジは、最大で25倍までかけることができます。

FXで勝ち続けるためには、大前提として破産しない事が何よりも大事になってきます。かけるレバレッジは少なければ少ない程良く、安定したスワップポイントを狙う健全な投資家は、歴史的な価格変動にも耐えられるように、レバレッジを少なくとも2倍以内に抑えて取引しています。最後に勝つのは亀なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク