証拠金について

FX取引において欠かせない要素の一つに、証拠金という概念があります。

証拠金とは

証拠金とは、FX業者に担保として預けるお金の事を言います。

FXは直接入金したお金で売買するのではなく、お金を担保として預け入れ、法で決められたレバレッジの範囲内で多くのお金を動かす事ができ、その損益分のみのお金をやりとりします(差金決済)。

どういうことかと言いますと、例えば米ドル/円のレートが100円だとしますと、通常であればちょうど100万円あれば1万通貨分買う事ができます。しかし実際はレバレッジを最大25倍までかける事ができるため、4万円の証拠金さえ担保として入金しておけば、1万通貨分買う事ができてしまいます。

この、最小lot数で取引するために必要な4万円のお金を、必要証拠金と言います。必要証拠金以上のお金を入金しておけば、お金を持っていないのにもかかわらず取引ができてしまうというわけなのです。

証拠金の罠

FXの証拠金のシステムのため、少ないお金で多くのお金を動かす事に慣れてしまいがちです。ですがレバレッジについての項目でも説明した通り、高すぎるレバレッジは破産リスクを上昇させます。

証拠金を多く持っておくというのは投資を成功させる上ではかなり重要な要素なのです。くれぐれも惑わされないようにしましょう。

預託証拠金と有効証拠金について

証拠金について、もう少し詳しい説明をしておきます。知っておかなければいけないのが、預託証拠金と有効証拠金です。

預託証拠金とは、口座に預け入れた証拠金の事を指します。そこから実際に取引すると、含み益もしくは含み損が発生する事になります。預託証拠金から変動した証拠金を、有効証拠金と言います。有効証拠金は、ポジションを決済した時にその金額として確定します。つまり、

有効証拠金 = 預託証拠金 ± 含み損益

ということです。

証拠金維持率について

有効証拠金が必要証拠金の額を下回っていくと、これ以上ポジションが維持できなくなり、強制的に決済されます。これをロスカット(強制決済)と言います。これを計る指標として、証拠金維持率があります。

証拠金維持率 = 有効証拠金 ÷ 必要証拠金 × 100(%)

となります。業者によって、ロスカットの基準は異なります。証拠金維持率が100%を割ると即ロスカットが発生する業者もあれば、50%を下回ればロスカットが発生する業者もあります。

また、業者によっては、証拠金維持率が下がってきた段階で警告のメールを送信する事があります。これをマージンコールといいます。

投資をする上では、ロスカットは一番恐い事なので、常に余裕を持った証拠金維持率になるようにしましょう。

証拠金についてまとめ

FXはお金を担保として預け入れ、法で決められたレバレッジの範囲内で多くのお金を動かす事ができ、その損益分のみのお金をやりとりします(差金決済)。

最小lot数で取引するために必要なお金を、必要証拠金と言います。

預託証拠金とは、口座に預け入れた証拠金の事を指します。そこから実際に取引し、含み益もしくは含み損を加算したものを有効証拠金と言います。

有効証拠金が必要証拠金の額を下回っていくと、これ以上ポジションが維持できなくなり、ロスカット(強制決済)が起こります。ロスカット基準を計る指標として、証拠金維持率があります。証拠金維持率が100%を下回れば即ロスカットされる業者もあれば、50%を下回ればロスカットされる業者もあります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク