資産形成の方程式とは

金持ちは、なぜ金持ちになれたのでしょうか。実は資産形成をするための方程式があります。金持ちは少なからずこの方程式を使って資産形成をしてきました。

資産形成の方程式

資産形成=(収入-支出)+資産×運用利回り

これが公式です。順に見ていきましょう。

収入

お金持ちになるためには、まず多く稼ぐ事です。例えば、時給1000円のフリーターと、時給200万円のみのもんた、どちらが金持ちになれる確率が高いかといえば、みのもんたです。収入を上げれば上げる程お金が手に入りますから、金持ちの仲間入りを果たすためには必須です。収入を増やすためには、多くの知識や人脈、情報を身に付ける必要があります。日頃から勉強し、情報を集める事が大切です。

支出

お金持ちになるためには、手元から出て行くお金をなるべく減らさないといけません。手元から出て行くお金が減れば減る程、お金は貯まりやすくなります。

まず、「収入-支出」が手元に残るお金だということを徹底的に覚えましょう。収入を限りなく増やし、支出を限りなく抑える事を考えるのが第一です。これを最大化させればさせる程金持ちに近づきます。

資産×運用利回り

手元に残った現金は、不動産や株式などに代える事で更にお金を手にする事ができます。現金のまま眠らせておくよりは、お金の入る資産に代えた方が効率良くお金持ちになれます。これが中流階級と上流階級を分けるといっても過言ではありません。

公式のこの部分には掛け算が出てきます。金持ちは資産運用が上手く、お金がお金を生み爆発的に収入が増えていきます。中流階級以下は、現金のまま保有しておくか、利益を生まない物を買ってしまいます。

1. まず手元に残るお金を最大化する事、2. そしてそのお金を使ってお金を生み出す資産を買う事、資産形成においては、この公式がすべてです。しっかり頭に叩き込みましょう。

資産形成の方程式を意識して立ちまわる

資本主義経済下において富を蓄えたいのであれば、この公式を最大化させる以外に方法はありません。金持ちの立ち回りはワンパターンで、日頃から収入を増やす事を考え、支出を減らす事を考え、手元に残ったお金を使って更にお金を増やす事を考えている人達なのです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク