相場で収益を上げる3つの戦略

ここからは投資と違い、キャピタルゲイン狙いの投機について書きます。投機は投資と違い、考え方がかなり変わります。

相場で収益を上げる3つの戦略

相場収益を上げるには、主に3つの戦略があります。

  1. ディレクショナル戦略
  2. レラティブバリュー戦略
  3. アービトラージ

1. ディレクショナル戦略

ディレクショナル戦略は、相場の方向性に賭ける戦略の事を指します。株価が上がる、下がる、景気が良くなる、悪くなるなどの判断をしつつ、投資先を決めていきます。

ディレクショナル戦略で成功するためには、情報収集と値動きの分析がすべてです。今のマーケットが注目しているテーマは何か、各マーケットの値動きはどう反応しているかを見ていくことが大事です。一つのチャートだけではなく、セクターごとや各国のマーケットを見て総合的に判断していく必要があります。

マーケットはこれから起こりうる予想値を価格に織り込んでいます。しかし新たな事象やサプライズなどが起こると、それを織り込みに価格が動き始めます(トレンドの形成)。これに乗っかっていきます。

2. レラティブバリュー戦略

長期に渡って相関している2つの関連銘柄を見て、両者の価格が乖離した場合に将来的に元に戻ると仮定して、下がった方を買い、上がった方を空売りします。この手法は別名鞘取りとも呼ばれます。

この手法は今やアルゴリズムの台頭により、自動でやっている人が増えています。

3. アービトラージ

同じ銘柄が別のマーケットにある場合、極稀に価格がずれる事があります。例えば日経平均と日経平均先物であったり、別FX業者間でのドル円の価格であったり、取引所間でのビットコインの価格であったりなどです。

価格が乖離した場合は必ず修正されるので、レラティブバリュー戦略同様に下がった方を買い、上がった方を空売りすると利益を出せます。ビットコインの場合は安い取引所で買って高い取引所で売ると利ざやが稼げます。これもアルゴリズム取引が発達した今、自動でやっている人が増えています。

相場で収益を上げる3つの戦略まとめ

相場で収益を上げるには、ディレクショナル戦略、レラティブバリュー戦略、アービトラージの3つの戦略があります。どれを軸に組み立てていくかは人それぞれ違います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク