テクニカル分析とファンダメンタルズ分析について

キャピタルゲインを狙う際には、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析について深く理解する必要があります。

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析

株式や外貨などの投資(トレード)をした事がある人は、テクニカル分析ファンダメンタルズ分析について知ってる人が多いかと思います。将来の価格を予測する手法は実に様々なものがあり、そのための様々な書籍も出版されています。

テクニカル分析

テクニカル分析は、価格の過去チャートの値動きや傾向を分析することで、これから上がるか下がるかを予測する事です。価格が値上がりしていれば、この先も値上がりする可能性が高いと判断したり、一定ラインまで下落すれば反転する可能性が高いといったものまであります。代表的なものに移動平均線があります。

テクニカル分析を駆使して、同じルールで機械的にトレードすることをシステムトレードと言います。過去の相場でトレード手法のテストをし、利益を上げられることがわかれば、将来的にも利益を上げられる可能性が高いと見ます。

テクニカル分析は、どちらかというと短期売買向きです。短期売買の方がデータが沢山集まるため、手法の信頼度が高くなります。また今の時代は多くがコンピューターによる売買になっており、参加者も多くなり優位性も薄れてきているため、人間の手で短期売買は行うべきではありません。

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析は、経済の動向に注目しつつ将来的に価格が上がるか下がるかを予測する事です。経済指標、影響力のある人の発言、戦争や景気などの事情、企業の決算やニュース、法律の改定や他社の動きなどが主な材料となります。

ファンダメンタルズ分析はビジネスや長期投資寄りの戦略であり、じっくりと腰を据えて投資をする場合はに必要不可欠です。

価格が形成されているどの市場にも、必ず価格形成に影響するテーマがあります。例えば不動産であれば、近所に駅ができる予定であり、人工増加が見込める、といったものです。

 

ただしファンダメンタルズ分析とは、今の経済状況の分析ではなく、将来的にどうなりそうかを予測し、事前に立ち回らなければなりません。

PAGE TOP ↑